専門業者が遺品整理をする際の作業人数を把握

専門業者が遺品整理をする際の作業人数を把握

テープと軍手

1Kから2DKの部屋

福岡では、1Kから2DKの部屋の遺品整理を依頼することが多いでしょう。この場合、作業員の数は1名から3名程となります。1Kであれば、作業員1名でも十分に作業を進めることができます。1DKからは2名から3名の作業員で遺品整理を行うのです。

ダンボール

2LDKから4LDKの部屋

2LDK以上の広さの部屋で遺品整理を行う場合、4名から5名程の作業員が必要となるでしょう。作業員の人数が増えるので、1DKや2DKの部屋で作業する場合と変わらないスピードで作業を終わらせることができます。4DKからは6名の作業員で作業するでしょう。このように、部屋が広ければその分作業量が多くなるため、作業人数も多くなります。また、もちろん費用も高くなります。しかし、故人が集めていた骨董品などをきちんと整理してくれますし、場合によっては買取もしてくれるため損はないサービスといえるでしょう。

買取対象となる骨董品リスト

  • 美術品
  • 絵画

広告募集中